2011年06月30日 (木) | Edit |
メーカーの説明がどうも納得いきません。
使用して6カ月の洗面化粧台の鏡に茶色い点々が5箇所ほどでてきました。2週間ほど前に気がついて汚れを落とそうとしてガラス面を傷つけてしまいました。しかし汚れはまったくとれません。鏡の内側の銀の部分が腐食しているようで鏡の外側からの汚れではないようです。
工務店経由でメーカーが見に来ました。
お客様の使用状況でこうなる場合があるとのこと。たとえばカビ取り剤を使用するとなります。
まだ新しいしカビとり剤など使用していません。
収納部分に毛染めやクレンジングオイルの蓋をあけっぱなしでいれておくと揮発してこういうふうになる場合があります。もちろんそんなことはしていません。
ガラスクリーナで拭いたりしませんでしたか。
えっ、ガラスクリーナーで拭いたらいけないんですか。(拭いていませんが、水ぶきか乾拭きのみです)
ガラスクリーナーを使用したら液が鏡内部に入ってこういうふうになる場合があるというんです。
こびりついた汚れがあった場合は中性洗剤を100倍に薄めて拭いてくださいとのこと。
ガラスクリーナーはガラスや鏡を拭くものだと思っていました。また液がガラス内部に入るというのも納得いきません。
鏡の淵にしみができるのはわかりますが、中央の方に点々ができるのは理解できません。鏡の裏側はプラスチックパネルが貼ってあります。また風呂場と違って洗面室はカラッとしているし、どうしてこうなったのかはわかりませんが、こちらの使用上の不注意でこうなったようなことしか言いません。
立場上それしか言えないんだと思うんですがなんだかいやな気持です。
3枚の鏡のうち2枚を無料で交換するとのことですが、震災の影響で交換の時期はわからないとのことです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可