--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月30日 (日) | Edit |
昨日、工務店で打ち合わせをしました。
床下点検口はキッチン以外の場所にしました。(動線上に持っていくのはいやだったので)
サッシは私が外壁の雨垂れ防止部品にこだわったのでYKK(エピソード)になりました。勝手口もキーレスタイプになるので、これはうれしいです。
1Fの大きな窓は防犯ガラス、小さな窓は面格子付きになります。和室はルーバー面格子にしてもらいましがた、これって窓を拭くときに不便でしょうか。
Low-Eガラス(遮熱)=1Fリビング、吹き抜け、2F寝室の掃き出し窓、2Fトイレ、2Fベランダ入口、
Low-Eガラス(断熱)=1Fダイニングの吐き出し窓
2F洗面所?、1F和室はどうだったか忘れてしまいました。打ち合わせの時はノートを持って行ってメモしなくてはいけないですね。
型ガラス=1Fキッチン窓、1Fトイレ、1F納戸、1Fシューズクローゼットの上げ下げ窓、2Fトイレ、2F洗面、2Fベランダ入口です。それ以外は透明ガラスです。
私としては、階段にある縦長の2つの窓と、シューズクローゼットの上部FIX窓は型ガラスがよかったのですが、パパが透明・透明というので透明になりました。ガラスが汚れても拭けないし景色を見るわけでもないのに。
あと、断熱材はセルロースですが、屋根のセルロースの厚みを18cmに変更してもらいます。遮熱シートも屋根だけではなく、全面に施工してもらいます。冬暖かく、夏涼しく生活できるよう断熱にはこだわりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。